皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

子宮腺筋症|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

子宮腺筋症とは

子宮内膜※1によく似た組織が子宮の筋層内に生じ、増殖してしまう病気です。子宮内膜症と同様に、子宮内膜様の組織が月経のたびに増殖・剥離を繰り返し、様々な症状を呈します。

子宮内膜症の場合は、子宮以外のいろいろな場所に組織ができますが、子宮腺筋症の場合は、子宮にできるという違いがあります。

※1子宮内膜は、排卵後に受精卵の着床に備えるために厚くなり、受精卵が着床しなかった場合には剥がれ落ち、経血となって月経時に排出されます。

子宮腺筋症の症状

年齢とともに強くなっていく生理痛や過多月経(月経血量が異常に多くなる)が特徴的ですが、自覚症状のないこともあります。30歳代後半から40歳代の経産婦さんに多くみられます。

また、子宮腺筋症と子宮筋腫は、症状も他覚的所見も似ており、しかもこの両者は合併することが少なくありません。

子宮腺筋症の治療

子宮腺筋症の治療法は、患者様の年齢、症状の程度、出産希望の有無などによって変わってきます。

将来、妊娠の希望がない場合は、再発を起こさないために子宮をすべて摘出する子宮全摘術が選択されますが、将来の妊娠を希望される場合は、腺筋症が子宮の一部に限って発生している場合、子宮腺筋症の部位のみを取り除く子宮腺筋症摘出術を行うことがあります。
また、子宮動脈塞栓術(子宮につながる動脈の血行を止める治療)も試みられていますが、現時点では手術療法が中心的な治療法となっています。

手術希望が無い場合は、子宮内膜症に準じた薬物療法を行います。