皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

クラミジア|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

クラミジア

イメージ

主に性行為により感染します。

感染後1~3週間で発症します。おりものの増加、不正出血、下腹痛、性交痛などがでることもありますが多くの場合無症状です。放置すると子宮外妊娠、不妊など重篤な合併症を生じる可能性があります。クラミジア感染者の10~20%に咽頭からクラミジアが検出され、10%は淋菌感染を合併しているとの報告があります。

ご希望の方は咽頭の検査もできます。