皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

子宮内膜症/チョコレート嚢腫|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

子宮内膜症/チョコレート嚢腫

  • 皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 婦人科
  • スキンケア

子宮内膜症

イメージ

子宮内膜※1によく似た組織が、なんらかの原因で、子宮内膜以外の場所(卵巣、卵管、子宮周囲の腹膜、時には子宮から遠く離れた肺など)で増殖してしまう病気です。子宮内膜様の組織が月経のたびに増殖・剥離を繰り返し、様々な症状を呈します。子宮内膜症を持っている女性は性成熟女性の約10%と考えられています。

※1子宮内膜は、排卵後に受精卵の着床に備えるために厚くなり、受精卵が着床しなかった場合には剥がれ落ち、経血となって月経時に排出されます。

チョコレート嚢腫

チョコレート嚢腫(嚢胞)とは、卵巣の内部に発生する子宮内膜症のことです。 卵巣内で増殖した子宮内膜からは、月経のたびに出血が起こり、出血は卵巣に貯留して囊胞を形成します。出血は時間の経過とともに茶褐色でドロドロしたチョコレート様に変化します。そのため、チョコレート嚢腫と呼ばれます。

子宮内膜症の症状

年齢とともに強くなっていく生理痛、不妊、生理時以外の下腹痛、腰痛、性交痛、排便痛などがみられます。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療法には、薬物療法と手術療法があります。薬物療法として、嚢腫がまだ小さく、現時点で妊娠を望まない場合は「低用量ピル」を選択しますが、喫煙・肥満・高血圧・糖尿病などがあり低用量ピルが内服できない場合、ピルで効果不十分の場合は「プロゲスチン(黄体ホルモン)製剤」を選択します。GnRHアゴニストによる治療もありますが、このお薬は女性ホルモン量を下げ、体を閉経の状態に近づけるため、更年期症状や骨量の減少の副作用があります。投与期間は6か月で治療後に病変が再び増大することが多く、進行を一時的に抑える治療に止まります。更年期の方なら、そのまま閉経に持ち込むことを狙いますが、更年期前の方には適しません。

どんな治療をするかは、妊娠の希望の有無など、本人がどのようなライフスタイルを選択するかによって異なってきますので、よく相談して決めていきます。