皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

子宮筋腫|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

子宮筋腫とは

イメージ

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍(こぶ)を子宮筋腫と言います。
性成熟女性の20~40%に存在すると言われています。
3種類に分類され、筋腫が内膜に接し、子宮内腔に突出しているものを粘膜下筋腫、子宮筋層内にあるものを筋層内筋腫、子宮の外側に飛び出しているものを漿膜下筋腫と言います。

子宮内膜は、排卵後に受精卵の着床に備えるために厚くなり、受精卵が着床しなかった場合には剥がれ落ち、経血となって月経時に排出されます。

子宮筋腫は良性ですが、茎捻転、血行障害、感染などを起こすこともあります。また、まれではありますが悪性化することもあります。それ自体が生命を脅かすようなものではありません。

子宮筋腫の症状と治療

無症状のこともありますが、不正出血、過多月経、貧血、生理痛、頻尿、便秘、おりものの増加などの症状がでます。

筋腫は大きさよりも、できる場所の方が症状の程度と関連が深いです。

子宮の外側にできる「漿膜下筋腫」 (しょうまくかきんしゅ) は無症状の場合が多く、子宮の内側にできる「粘膜下筋腫」は小さいものでも過多月経になりやすい傾向があります。子宮の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」も、過多月経や月経痛の原因になることがあります。

治療法には、手術療法と薬物療法がありますが、発生した場所や症状によって、治療法はそれぞれ異なってきます。