皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

低用量ピル(OC)|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

低用量ピル(OC)

低用量ピル(OC)

OCとは2種類の女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)が含まれた薬で、排卵を抑える作用と子宮頚管粘液や子宮内膜に作用して避妊効果を発揮します。

コンドームを理想的に使用した場合の妊娠率が2%に対し、低用量ピルの場合は0.3%で、不妊手術や子宮内避妊具に匹敵します。
またピルには避妊以外の副効用もあります。

OCのメリット
  • 生理痛が軽減する
  • 生理の量が減る
  • PMSへの効果も期待できる
  • ニキビが軽減する
  • 卵巣がん・子宮体がん・大腸がんのリスクが減る
副作用

ピルの飲みはじめには、不正出血(12%)嘔気(7%)、体重増加(5%)、乳房の張り(4%)、頭痛(4%)などを生じることがありますが、通常は3か月以内に消失します。

ピルの命にかかわる重大な副作用として血栓症(血の塊ができて血管を詰まらせる病気)があります。手や足や眼の静脈に発生する静脈血栓症、肺動脈がつまる肺塞栓症(エコノミークラス症候群)、脳血管がつまる脳梗塞、心臓の動脈に血栓ができる狭心症や心筋梗塞などが挙げられます。

以下の症状が出た時は血栓症の可能性があるので内服をやめてすぐに救急医療機関を受診してください。

  • 激しい腹痛
  • 胸の痛み、息苦しさ、突然の息切れ
  • 激しい頭痛、持続する頭痛、まひ
  • 視力障害、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害
  • ふくらはぎの痛み、腫れ、むくみ、押すと痛い、赤くなっている
乳がん発症のリスクについて
ピルを服用している場合の乳がんのリスクは、2015年度版OC・LEPガイドラインでわずかに上昇する可能性があるとしているため、定期的な乳がん検診と自己検診をして下さい。
子宮頸がんとピルについて

OCの服用期間が長いほど子宮頸がん発症リスクを増加させる可能性があります。子宮頸がんにはHPV(ヒトパピローマウイルス)感染が関係しており、OC内服によってすでに感染したHPVの排除率が低下し、持続感染のリスクが高くなるためと考えられます。

OC服用の有無にかかわらず、性交時のコンドーム使用、禁煙、定期的な子宮頸がん検診、HPVワクチン接種が大切です。

低用量ピル(OC)価格
ファボワール28 1,800円(税込)
アンジュ28 2,000円(税込)
トリキュラー28 2,000円(税込)
オーソM21 2,000円(税込)
マーベロン28 2,500円(税込)

当院ではピルの処方にあたって定期的な検診が必要となります。
ルナベル・ヤーズも取り扱っております。

ピルの処方を希望される方は、婦人科検診(子宮頸がん検診、経腟超音波検査)が必要となります。1年以内に他の医療機関で子宮頸がん検診を受けられている場合は、結果をお持ちください。また、すでに他院で処方されたピルを内服されている方は、婦人科検診以外に採血検査が必要となります。検査料についてはこちらをご覧ください。