皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

梅毒|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

梅毒

昔の病気と思われがちですが、近年感染者が増えています。性行為により感染し、トレポネーマが血行性に全身に散布されて様々な症状を引き起こす慢性感染症です。症状は認められず、梅毒血清反応だけが陽性にでる無症候性梅毒もあります。

第1期(感染後3週間)
感染した部位(外陰部・口など)にできもの、潰瘍ができますが、放置していても2~3週間で消失します。
第2期(3か月~3年)
トレポネーマが血行性に全身に散布され皮膚・粘膜に発疹ができます。
第3期(3年~)
ゴム腫と呼ばれる腫瘤が現れることがあります。現在ではほとんど見られません。
第4期
神経症状や心血管症状が現れることがあります。現在ではほとんど見られません。