皮膚科予約・スキンケア相談 tel.03-5961-9966

外陰部の痛み|豊島区巣鴨の皮膚科・婦人科 女医が日曜日も診療致します

外陰部の痛み

外陰部の異常について

外陰部の異常(できもの、痛み、かゆみ、腫れる、ただれる)は、病気のサインとして重要な場合がありますので、気になる異常が見られたら、お早めにご相談ください。
婦人科にてご予約を承ります。

痛みの原因となる代表的な疾患

  1. カンジダ腟炎
  2. 毛嚢炎:毛穴の奥に細菌が感染した状態です。
  3. アポクリン汗腺炎:汗腺に細菌が感染した状態です。
  4. 粉瘤:皮下に角質や皮脂がたまっているところに細菌が感染した状態です。
  5. バルトリン腺膿瘍:外陰部の下1/3の腟測方にあるバルトリン腺に細菌が感染した状態です。
  6. 性器ヘルペス(性感染症)
  7. ベーチェット病:全身性の疾患で、性器ヘルペスと似た潰瘍ができますが、ヘルペスより潰瘍が深く、痛みも強く出ます。
  8. 尖圭コンジローマ(性感染症)
  9. 外陰癌

など